名誉会長挨拶

御挨拶

新年を迎え、東京益田会の皆様にお祝いを申し上げます。
本年の皆様のご健勝と弥栄を心からお祈り申し上げます。
また、昨年は図らずも東京益田会の名誉会長を申し付けられ、光栄に存じております。
益田市の地域振興について、私が会長をしております「国土経営研究会」の地域振興フォーラムを益田市で開催させていただきましたが、益田市の皆様方の御尽力が研究職員に伝わり、敬意と感謝の気持ちで一杯になりました。
これからの地方振興は農業農村にあります。
第3の産業革命は、農業農村が中心となるとされており、21世紀は「環境と食料と防災の時代」とも言われています。
新しい農業農村は、ドローンによる農作業や肥料管理等の幅広い無人化、ゲノム編集(遺伝子組替)による品種改良、生産量の拡大等によるAI革命が中心になると予測されており、これは日本だけでなく地球規模での世界的な変革が起きると期待されています。
益田市は、山と川と海に囲まれた美しい田園環境と豊かな伝統文化の歴史ある地域です。
東京益田会の皆様が、地元の益田市民と連携のもと、すばらしい地域発展のために尽くされることを祈念しており、私共も益田市のために少しでもお役に立てることが出来ればと考えております。
最後になりますが、皆様方のご健勝と益田市のご発展を心から祈念し、ご挨拶といたします。

東京益田会名誉会長(第38代益田家当主夫妻) 益田 昌史
路子